スイッチングハブを利用して無線LANを構築すること

無線LANとスイッチングハブの役割を紹介します

LANケーブルをさす人

無線LANとはさまざまな家電をその小規模な範囲でシステム化してしまうことです。
なので、家電量販店でそのシステムを作ることができる器械を購入する必要があります。
LANを構築する方法はさまざまですが、基本的には、ルーターを利用すると簡単に構築することができます。

ルーターは家電量販店で購入することはもちろん可能ですが、最近ではインターネット上で通販サイトを利用することで簡単に購入することができるようになっています。
なので、誰でも 続きを読む

ノートPCの側面

無線LANは基本的に自宅の外まで届く場合があります。
最近ではその技術が飛躍的に上昇しており、広い自宅の中でも無線LANを構築して通信することが可能になっています。
それはとても便利なことで、スイッチングハブを利用することもより簡単になりました。
しかし、いいことだけではなく、この電波がより遠くまで届くことによって、問題が発生しているのが現実です。
その問題とは、無線LANを不正に利用されることになります。

無線LANが不正利用 続きを読む

グレーのLANケーブル

無線LANを構築する時には、アクセスポイントが非常に重要になります。
アクセスポイントにはさまざまな種類が存在しており、それに合わせて、スイッチングハブを切り替える必要もあります。
なので、この違うをよく理解しておくことも大切です。

基本的にアクセスポイントが自動で動く、自立型と自分で自由にアクセスポイントを設定することができるコントローラー型が存在します。

自立型の場合はアクセスポイントを器械が自動的に発見して、ネットワークを構築 続きを読む

オススメリンク
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031